モバイル業界うわさを徹底解明
by m5uyhxprf9
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
<外国人編入>一部で改善 「..
at 2010-06-12 02:17
<タクシー強盗>19歳米兵に..
at 2010-06-02 04:22
「制度は順調、理念定着」 裁..
at 2010-05-27 10:55
重いクルマ…緩くなる基準 都..
at 2010-05-18 12:16
政権のきしみ、にじむメーデー..
at 2010-05-07 12:15
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


喪失した日本国籍求め提訴=比で出生の子、父は日本人−東京地裁(時事通信)

 日本人の父を持つフィリピンで生まれた子ども4人が2日、期間内の出生届未提出を理由に日本国籍を失うのは、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、国を相手に日本国籍があることの確認を求める訴えを東京地裁に起こした。
 国籍法は外国で生まれ外国籍を取得した場合、出生後の一定期間内に日本国籍の留保の意思表示をしないと日本国籍を喪失すると規定。戸籍法は期間を出生後3カ月以内としている。
 原告側弁護士によると、喪失規定の違憲性をめぐり、国籍確認を求めた訴訟は初めてという。
 訴状などによると、提訴したのは3歳から19歳の男女。4人の両親はそれぞれ婚姻しているが、戸籍法の規定を知らなかったことなどから、出生届を提出しそびれ、日本国籍を失った。
 原告側は「本人の意思がなく、合理的な理由がない国籍喪失は違憲だ」などと主張している。 

【関連ニュース】
涌井最高裁判事が死去
偽装認知容疑で初逮捕=子に日本籍、比国人女ら2人
改正国籍法違反を初適用=偽装認知で子に日本籍
非嫡出子相続格差は合憲=1裁判官が「違憲」
国籍不正取得容疑で3人逮捕=偽装認知、法改正後初

車両接近通報装置、課題解決はメーカーに(レスポンス)
<鳩山内閣>「協議の場」設置法案に地方側反発(毎日新聞)
宙に浮く「枝野補佐官」 小沢氏配慮が原因?(産経新聞)
<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
<立春>各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
[PR]
by m5uyhxprf9 | 2010-02-06 03:18
<< <火災>東京・練馬の死者、70... 新幹線トラブル、原因はボルトの... >>