モバイル業界うわさを徹底解明
by m5uyhxprf9
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
<外国人編入>一部で改善 「..
at 2010-06-12 02:17
<タクシー強盗>19歳米兵に..
at 2010-06-02 04:22
「制度は順調、理念定着」 裁..
at 2010-05-27 10:55
重いクルマ…緩くなる基準 都..
at 2010-05-18 12:16
政権のきしみ、にじむメーデー..
at 2010-05-07 12:15
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「白衣の天使」へのあこがれは減少気味(医療介護CBニュース)

 ランドセルに使用される人工皮革のメーカー「クラレ」が、この春に小学校に入学する子どもとその親を対象に実施した調査によると、女の子の親が子どもに就かせたい職業は、「看護師」が1998年以来、13年連続で1位だった。一方、女の子が将来就きたい職業では、「看護師」は2年連続で5位にとどまった。「看護師」は2008年に4位から5位に転落しており、クラレでは「親の希望とは裏腹に、女の子の『白衣の天使』へのあこがれは減少気味」と指摘している。

 調査は、4月に小学校に入学する子どもと親を対象に毎年実施している。今回は、子ども4000人(男女2000人ずつ)と、その親4000人分の回答を集計した。

 集計結果によると、女の子の親が子どもに就かせたい職業は、「看護師」が11.9%(前回12.1%)で13年連続トップ。医療関係ではこのほか、「薬剤師」が6.9%(6.8%)で前回と同じ5位、「医師」も6.3%(5.5%)で前回同様6位だった。
 一方、女の子が就きたい職業は、「パン・ケーキ・お菓子屋」が29.6%(34.7%)で1位。「看護師」は4.5%(4.4%)で5位だった。

 男の子では、就かせたい職業は「医師」が10.5%(8.0%)で、調査を開始した1992年以来、19年連続で3位。これに対し、就きたい職業で「医師」は3.0%(3.0%)で、前回の7位から10位に転落した。


【関連記事】
保助看国家試験の合格者を発表―保健師と助産師の合格率が2ケタ台の減少
男性看護学生交流会を12日に開催
「ひとつ飛ばし勤務」、看護師の半数が経験
看護職のワーク・ライフ・バランス推進でフォーラム
看護師の業務範囲はどこまで拡大すべきか?

街角景気「持ち直し」=基調判断を上方修正(時事通信)
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か−大阪府警(時事通信)
<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
補助金2億円、5法人に滞留 厚労省所管(産経新聞)
[PR]
by m5uyhxprf9 | 2010-04-12 17:13
<< エア・カナダ機、成田に2度緊急... 連携全く考えず=与謝野氏ら「新... >>